水道の修理を自分でしてみよう

水道の修理を自分でしてみよう 水道トラブルが起こってしまうと、毎日使うものなので、日常生活に支障が出てしまうことがあります。できればすぐにでも自分で直して費用も時間もかけずに済ませたいと思う人がほとんどでしょう。水道のトラブルは目に見えて簡単なものもあれば、実は見えない箇所で大きなトラブルになってしまっている可能性もあります。専門業者でもなければその判断をすることは困難です。その線引きはどこで行えば良いのか、また、自身で直すとしたらその修理の方法について知っておくと大変役立ちます。ただし、対応が遅れることで、後に後悔してしまう可能性もあります。どう見ても素人には修理が難しいと判断される場合には、無理な修理は行わず、早急に水道 修理専門業者に相談するようにしましょう。

■水道トラブルの種類

家庭における水回りのトラブルは、主にトイレ、キッチン、お風呂、洗面所、洗濯機、給湯器、屋外ポンプで発生します。トラブル内容には、排水つまり、配管や蛇口からの水漏れ、水が出ない、水が止まらない、異音がする、異臭がする、排水が逆流する等があげられます。
戸建て、マンションのようにシステムの違いやメーカーによる違い、環境等によっても対応は異なりますので、素人では修理ができないことがほとんどです。ただし、原因がはっきりしており、症状が軽いと明らかに判断できる場合には、ホームセンターで販売されている道具だけでも修理が可能なケースもあります。例えば、頻繁に起こる水道の蛇口からの水漏れや、トイレ詰まりの場合、自分で修理しやすいトラブルと考えて良いでしょう。

■トラブルが起こる予兆
水道のトラブルは、発生する前に予兆があることがほとんどです。その予兆を事前に感じ取ることができれば、大きなトラブルになる前に防ぐことに繋がりますので、どのようなケースがあるか知っておくようにしましょう。ゴポゴポという音がする、流れが悪くなったと感じることがあれば、詰まりの予兆であると考えられます。
排水口だけではなく、遠く離れた場所から音がすることもあります。あるいは、水道を使っていないのに水道メーターが動いている、チョロチョロと水が流れる音がするという場合には、水漏れの予兆である可能性があります。このように、水道トラブルはじわじわと進んでいくことが多い為、トイレやキッチン等水周りを使用していて、何か違和感を感じたらすぐに対応して早期発見する必要があります。

■水道修理は早急に行うことが大切

どんなケースにおいても、修理は早期発見、早期対処が基本です。一度大きなトラブルになってしまうと、生活サイクルそのものが乱れてしまいますし、家族がいる場合には全員が使えなくなって生活に支障が出てしまいます。予兆を見逃さない為にも、日頃から丁寧に使用する、少しの違和感も見逃さないようにする等、水周りのチェックを欠かさないようにすることが大切です。
もちろん、早く発見できたとしても、自分で直せる場合と直せない場合がありますので、自信がないという場合には、無理に直そうとせず、専門の修理業者に依頼することをお勧めします。まずは無料で相談できる業者に連絡をとってみると良いでしょう。

■まとめ
水道のトラブルはいつ何時発生するかわかりませんが、予兆のような現象が現れることがあります。日頃から綺麗に使うように心掛けることで、詰まりや水漏れの予兆を発見することに繋がりますので、水周りのチェックをしてトラブルを予防しましょう。また、トラブルが発生した場合にも、蛇口の水漏れやトイレ詰まりに関しては、原因がはっきりしていて症状が軽い場合には自分で対処も可能です。まずは原因をしっかりと見極め、正しい判断ができるように知識を持っておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース